ようこそワンピースを愛するブログへ(*⌒∇⌒*)♪       皆様のワンピースへの感性が試されるぞョd( ̄◇ ̄)b      合言葉は「それでも愛そう」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あえて言おう。‘平和’が好きであると・・・

 

どもどもぉぉぉ~、いきなり変なタイトル失礼

この頃、なるほどシリーズが人気なので 今回は、黒ひげ伝説

マーシャル・D・ティーチ(以下ティーチ)実在した黒ひげ(以下黒ひげ)のお話にしましょう

まず、黒ひげ(Blackbeard)のプロフから

・1 1680年ぐらい?~1718年11月22日まで

・2 1716年から1718年にかけてカリブ海を荒らしまわった、イギリス生まれの海賊

・3 黒ひげとして登場する前のことはよく分かっていない

・4 船を襲う時は、何振りもの剣とナイフ、数丁のピストルを身につけて現れる

・5 あだ名となった豊かな黒髭に、麻の切れ端や火をつけた導火線を編みこんでいた

・6 印象的な黒髭の姿が、後の小説や劇、映画などに登場する海賊の姿の元になった。


 プロフをふまえて、ワンピースの世界のティーチを思い出してみてぇ

 上の情報だけでも黒ひげがティーチのモデルだとわかるわねぇ

これに加えて、おさらいがてら、ティーチの今の能力から

 サッチが持っていた(サッチが生きてたら、食べていないだろうけど・・・)ヤミヤミの実の能力

 ヤミヤミの能力は、能力者の能力を闇に吸い込み、マーシャル(武力・武術)で攻撃するのが基本

 そんで、あえて白ひげと呼ばずに本名エドワード・ニューゲートから奪い取った、グラグラの実の能力

 これが、今現時点での‘マーシャル・D・ティーチ’

 そして・・・実在した黒ひげの本名・・・

 ‘エドワード・ティーチ”

 感動・・・伝わったかしら?

「白ひげ」の能力(名前)を手に入れて、ティーチは本物の「黒ひげ」、つまり、‘エドワード・ティーチ’になったの

 しかし、ここで疑問

 あれ・・・サッチって一体・・・って思ったあなた、プロフィールをもう一度チェック

 プロフを見ると、2年間しか活躍していないようにみえるでしょ

 でもねぇ、‘黒ひげ’が‘エドワード・ティーチ’を名乗る前はよくわかってないって書いたけど、実は一つだけわかっていることがあるの

・・・それはねぇ、「偽名」

 黒ひげは、もう一つの偽名で航海していたの

 もうお気づきの方もいるだろうけど、その名が・・・

‘エドワード・サッチ’

 だから、実在した黒ひげは、サッチの名で、生きていたの

 それでは、私たちのワンピースの世界で考えましょう
 
 つまり、ティーチに置き換えると、

 はじめてルフィと出会って~頂上戦争でグラグラの能力を手に入れる前

までは、ヤミヤミの能力とマーシャルだけだから、‘マーシャル・D・サッチ’


 =エドワード・サッチになるのよぉ

 たたみかけて説明しちゃうけど、がんばってついてきて

 実在した黒ひげの最期は、海戦の末何十発もの弾丸を受け、何度も斬られた挙げ句に戦死したの

 そう・・・オヤジさんの最期とソックリ 

 ここまで説明しても、モデルじゃないなんて、ありえないと断言します(いいのかしら

 からは聞いても聞かなくてもいい、私の推測コーナー

 いきなり失礼かもしれないけど、なんで、ルフィの最期のボス(おそらくよぉ)がティーチなのかしら

 他にも、実在した伝説の海賊や、黒ひげよりも強い海賊もたくさんいる

 けど、黒ひげじゃないといけない理由があるの

 黒ひげのプロフの4,5,6を読んでもらうとわかるけど

 、私たちが幼いころの海賊って、「黒ひげ危機一発」 とか「フック船長」とかが海賊であって、とっても怖い存在よねぇ
 
 「海賊=黒ひげ」が‘常識’で育ってきた、「海賊=悪」の世代

 それに、実在した黒ひげには‘絶対的知名度’があるのよぉ

 この‘絶対的知名度’と‘常識’を覆すマンガが「ワンピース」なんだと思うし、

 尾田先生の描く「平和」の在り方なんだと思うの

 今の子どもたちは、「海賊=ルフィ」であって、「海賊=美」の世代>

 あえて、いろんな事をすっ飛ばして結論ずけてしまってるけど、

 長文になっちゃうから、無理やりの解釈にツッコまないでねぇ

 とにかく、‘モンキー・D・ルフィ’が‘マーシャル・D・ティーチ’を蹴散らした時

 マンガの世界だけでなく、現実世界までもが、ワンピース(平和)に満ち溢れていますように

 争いのない平和を願うあなたは、 クリックよろしくねぇ
スポンサーサイト

海賊王ゴール・D・ロジャーの存在



みんなぁぁぁぁぁぁ お久しぶり~~

・・・てか、覚えてる人いるのかしら

最近は、忙しくて忙しくて・・・って、イイ訳なんてどうでもいいわよねぇ

では本日は、ナオネコマジンの豆知識講座

ナオネコマジン風に改めますと、

人に言いたいだけのマスターベーションコーナー


早速だけど、‘‘ゴールド・D・ロジャー’’ってな存在

ワンピースの世界では、‘海賊王’‘海賊の象徴’でしょうね

しかも、現実世界での海賊旗(基本的にドクロマーク)も、

「ジョリーロジャー」と呼ばれているらしいのよぉ

一般的な解釈としては、‘死の象徴’なんですって

まず初めの疑問

なぜ、「ジョリーロジャー」というのか

いろんな説があるらしいんだけど、

1 フランス語で血を意味する「ジョリー・ルージュ」

2 ”愉快な赤い奴”という意味の「ル・ジェリー・ルージュ」

3 ”悪魔”という意味の「オールド・ロジャー」


ここで、気になる単語・・・「ロジャー」「ルージュ」

どういう意味かはさておき

二人が惹かれあったという解釈もをしても、不思議じゃないでしょ

あとエース出産時に、血を流していた描写があったわよねぇ

それは「ルージュ」という言葉に‘血’という意味が込められているためだったのかもね

これを読んで納得のあなたは

なんでもワンピースの世界にあてはめちゃってる、

私と同じタイプのワンピースファン


そんなことはさておき、ここからここから

ナオネコマジンのワンピース探究心を侮るなかれ

たしかに、ジョリーロジャーがゴール・D・ロジャーの名前の由来っぽいわねぇ

でも、現実の世界で海賊王と呼ぶべき人物がいるとすれば、

それは バーソロミュー・ロバーツのこと

世界の海を縦横無尽に走り回り、海軍の艦隊でさえロバーツの旗を見ると逃げたしたらしい

そして、ウッズ・ロジャーズという探検家も、少しは影響を与えているのかも

ロジャーズは世界一周航海をしながら商戦を襲い続け(まんま海賊・・・

途方もない価値の財宝を持ち帰って、後にイギリスの総督として、海賊退治に乗り出す


まぁ、どっちに考えてもいいわよねぇ

そして、‘D’の部分

私の解釈は‘Destiny’

Destinyって何

という方に、解説&同意義語との違いについて

ちょっと嫌だろうけど英語の勉強

fateはdestinyとほぼ同義だが, destinyが時に望んだとおりの結果になるのに対し, fateはしばしば不本意な結末をさす。

fortuneは(幸)運・偶然が決定する未来. doomは不幸で悲惨な運命. lotは偶然に与えられた身分・境遇


でもねぇ、destinyは神から与えられた宿命,天命のこと。

つまり、‘運命’や‘天命’を背負った存在

「Dの意思」っていうのは、「神の意思」だと思うの


そして、もうひとつが・・・‘Dreamer’

解説なんかいらないだろうけど、‘D’の名がつくものは、みな夢追い人だもの

みなさんの解釈はいかがかしら

あぁぁぁ~、勝手な推測なんかじゃなくて、この謎が早く知りたぁ~い・・・と思った方、ポチッとよろしくねぇ


☆ボア・ハンコック☆

わらわは・・・どこへでもゆきます。

☆カリファ☆

言っておくけど私はアレがあなただなんて思ってなかったわよ!!?

☆アルビダ☆

この海で一番美しいものは何だい?

☆サンジ☆

お前にできないことは俺がやる!俺にできないことはお前がやれ!!

☆ニコ・ロビン☆

歴史はまた繰り返すけど・・・人は過去には戻れない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。